タクシー会社の起業に未来はあるのか

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

タクシー会社の起業に未来はあるのか

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (354)

タクシー会社を起業をして成功することはできるのでしょうか

現在のタクシー会社は厳しい競争で大手を含めて疲労感が広がっていますね。

 

 

 

大手では買収による規模の拡大はしているものの、売上を上げることが厳しくなっているようです。

 

 

 

もしもこれからタクシー会社を起業すると考えるとかなり厳しいビジネスになるでしょうね。

 

 

 

というのも、タクシー会社の利用者数自体が全体的に減少傾向にあるためです。

 

 

 

利用者が少なくなるというのにタクシー会社を起業して成功できるのか、今後のタクシー会社の起業の道を考えてみましょう。

 

 

 

タクシー会社の利用者には都市や観光地などの巡回型と空港などの路線を走るような路線型があります

従来から利用者の多いこれらのサービスは競争も激しくなっており、これから起業して争うとなるとなかなか大変でしょうね。

 

 

 

狙い目としては高齢者の増えている過疎地を担当するといったものがあります。

 

 

 

さらに要介護者向けとして介護タクシーといったものが増えている地域もあるそうです。

 

 

 

これからは利用者をピンポイントに狙うようなものがいいのかもしれません。

 

 

 

タクシー会社を起業する上ではサービスの質や車両を管理するシステムも重要です

ただ、新規で起業するという時にこれら全てに対応するのはなかなか難しいところもあります。

 

 

 

そうした時にはフランチャイズに加盟する形での起業も視野に入れておくといいでしょう。

 

 

 

自分ではできそうになかったものもフランチャイズのサポートにより低コストで最新のシステムが導入できるなどのメリットがあります。

 

 

 

起業資金を抑えて堅実な稼ぎ方を取るか、利益率を高めるために独自システムを構築するかは判断の別れるところですね

 

 

 

タクシー会社は起業する資金のほとんどが車両になります

ですので、どのような車両が必要になるのか、サービス内容によって必要となる資金も違ってくるでしょう。

 

 

 

介護タクシーとして1台を所有しての起業であれば人件費などを含めて300万円程度の起業資金が必要になります。

 

 

 

事業内容などと共にどのような起業プランが実現できそうなのかタクシー会社の起業を検討してみましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る