企業ビジネスの存続を目指す上で大切なこと

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

企業ビジネスの存続を目指す上で大切なこと

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (85)

企業ビジネスは永遠に存続し発展し続けることが宿命かもしれません

 

例えば創業180年を迎えた百貨店高島屋は最初、古着屋からビジネスがスタートしたそうです。

 

 

 

滋賀県近江の国高島郡の出身で京都に古着屋を開業し、近所の店より早く開けることをモットーに一つ一つビジネスの拡大を図っていったそうです。

 

 

 

180年前より店是と言った経営方針があり自他の利益を図り、正札掛け値なしで販売し商品の良否を顧客に伝え、顧客を差別しない と言う現在でも十分通用するビジネスの方針を店に徹底したそうです

 

その後幕末の混乱にもビジネスを存続させ、いち早く大阪や東京に出店し、海外ビジネスにも注目するなど先取のビジネスを心がけていったそうです。

 

 

 

現在百貨店単独企業としては日本一の規模を誇り全国や海外に21店舗を出店するほどの企業グループに成長しています

 

企業ビジネスを存続させることは大変難しいことで、起業した会社のほとんどが10年の間には存続しないことも多いことです。

 

 

 

企業の吸収合併などで無くなった企業もたくさんあります。

 

 

 

ビジネスが時代の変化と共に改革やイノベーションが必要となることは言うまでもありません。

 

 

 

それを成し遂げる人材の育成と経営者の舵取りがビジネスの存続に一番大切なことではないでしょうか。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る