障がい者雇用でビジネスすると苦労すること

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

障がい者雇用でビジネスすると苦労すること

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (84)

ビジネスの起業をする業種や職種にもかかわりますが障がい者雇用を積極的に行いながらビジネスを起業させている企業が数多くあります

 

有名なのはヤマト運輸が興した公益法人ヤマト福祉財団が行っている「スワン工舎」があります。

 

 

 

ビジネスとして障がいのある方と健常者がともに働ける環境ノーマライゼーションを実現させるために、ヤマト運輸社長がビジネス起業したのが「焼きたてパン」のお店、「スワンベーカリー」でした。

 

 

 

1998年にスワンベーカリー銀座店を第1号店としてオープンし直営店3店、チェーン店は24店をこえたビジネスに拡大しています

 

採用した障がい者の数も282名をこえ、その7割以上が、知的障がいの方たちのようです。

 

 

 

こうしたビジネスを起業することにより、社会的に意義あるビジネスとして拡大していくことは大変困難さを伴うと思います。

 

 

 

ある物流業の会社でも昨年より知的障がいの方をビジネスの現場で採用できないか検討し実施しました

 

まずハローワークに相談しながら、地域の特別養護学校の就職担当の方と話を進めました。

 

 

 

実際のビジネス現場でのインターンシップも取り入れながら、一名の採用を実施しました。

 

 

 

障がい者雇用にはいろいろな国の援助、助成金も活用しながら、ビジネス現場での障がい者雇用を定着させているようです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る