レンタルオフィス起業ではどんなニーズに対応するべきなのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

レンタルオフィス起業ではどんなニーズに対応するべきなのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (386)

レンタルオフィスを起業するとしたら何が必要になるのでしょう

レンタルオフィスは別名貸し会議室などとも呼ばれ、オフィスに必要なものがオプションとして揃えられています。

 

 

 

レンタルオフィスを起業するのであればニーズに対応したものを準備していくことが効率よく稼ぐヒントになるでしょう。

 

 

 

例えば、セミナーや集会に使われるレンタルオフィスであれば一般的な業務用プリンターやイス机が揃っていることが大前提で、秘書サービスなどが求められる機会は少ないと思います。

 

 

 

ニーズにクリティカルに対応できるようなレンタルオフィスの起業プランを立てていいましょう。

 

 

 

レンタルオフィスが利用されるケースとしてはセミナーや会議の他にも宿泊施設としての利用があるようです

例えば、営業スペースとして使いながらスタッフの寝泊まりもしたいといったニーズがあるわけです。

 

 

 

法的にもレンタルオフィスは居室をレンタルすることと等しいので宿泊施設としての利用を勧めることは問題ありません

 

 

 

ただし、建築基準法により居室として求められる基準があるので、物件を取得するさいには基準を満たしているかどうか起業前に十分チェックしておきましょう。

 

 

 

レンタルオフィスを起業する場合にはこれからのニーズにどのような形で応えていくつもりなのかをハッキリさせることが大切ですね

先ほど寝泊まりの場所としての例を紹介しましたが、喫茶店のような食事サービスを付加しているレンタルオフィスの起業例もあります。

 

 

 

当然、それらを利用する方にピンポイントに効果があるような広告をしていくことにもなりますし、起業計画を立てる段階でそこまで計算することが求められます。

 

 

 

規模によって起業資金は大きく変わります。

 

 

 

特に物件取得費が大きな要素なのでそれいがいについてここでは紹介しましょう。

 

 

 

あるレンタルオフィスの起業プランでは10室の内装工事のために500万円を計上しています。

 

 

 

他にも広告宣伝や従業員の手配に100万円です。

 

 

 

物件取得プラス600万円程度を目安に起業計画を立ててみるといいでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~ら行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る