所得控除で副業の税金を減らせるのはどんな時?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

所得控除で副業の税金を減らせるのはどんな時?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (71)

サラリーマンの収入には一定の所得控除がされたあとに課税所得が決定されます

 

副業の場合も同様に必要経費を差し引いた副業所得が20万円以上の場合、その副業に対して雑所得として課税対象になります。

 

 

 

副業のための副業経費にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

 

副業の必要経費とはその副業収入を得るためにかかった経費となります。

 

 

 

例えばインターネットを使ったホームページの作成サービスを副業として行なっていた場合を考えてみます。

 

 

 

まずその副業ビジネスを立ち上げるためのパソコン購入費やインターネットのプロバイダー料金やレンタルサーバー代、ドメイン経費などがその副業のために必要だった経費です

 

また副業のホームページ作成サービスのために勉強した書籍やセミナー、各種資料、ソフト購入費なども副業経費となります。

 

 

 

クライアントとの打合せ経費や交通費自宅を副業のために使用していたとしたら、その一部家賃相当額や光熱費もかかってきます。

 

 

 

よく事業者の方がレシートや領収書をキチンと保管して管理していますが、通常の家庭での生活経費と副業経費の区別が付くにくいかもしれませんが、副業が軌道に乗ってきたら考えなければいけない副業税金対策かもしれません。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る