ビジネス起業で獲得できる高齢者採用助成金とは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ビジネス起業で獲得できる高齢者採用助成金とは?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (67)

団塊の世代、1947年から1949年に生まれた方は800万人と言われています

 

その方たちが日本のビジネスを支えて来ました。

 

 

 

60歳を迎えた2008年には企業では大量に定年退職者が出て、技術の伝承やベテランビジネスマンの減少など企業ビジネスに大きな悪影響を与えるのではないかと言われました。

 

 

 

しかし大企業を中心としてビジネスマンの定年再雇用制度の導入やビジネスマンとして65歳まで働ける制度の法改正などが行われて、実際大きなビジネス上での混乱はなかったようです。

 

 

 

2012年からその方達が今度は65歳以上になってきます

 

つまり第二の定年としてビジネス社会から離れなければならない事態になっています。

 

 

 

その方々のほとんどが元気で生涯現役や70歳頃までビジネス社会に留まっていたい要望を持っています。

 

 

 

働くやる気と貴重な知識・経験を社会やビジネスのために活かして行くべきではないでしょうか。

 

 

 

そうした高齢者雇用のための助成金があります

 

60歳以上でハローワークやそれに準じた機関(東京人材銀行など)を通じた紹介の雇用には、中小企業では短時間社員では60万円の助成金が支給されます。

 

 

 

また64歳以上の採用には「雇用保険」の支払い義務がないことや週20時間以内の勤務には社会保険の加入義務がないなど起業ビジネスには低コストでの優秀な人材が可能となります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る