正社員化推進奨励金でビジネス起業は何が変わるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

正社員化推進奨励金でビジネス起業は何が変わるのか?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (66)

最近の雇用情勢はアベノミクスのビジネスへの効果はまだまだ浸透せず依然厳しいものがあるようです

 

それと同時に有期雇用者や派遣労働者などの雇用の不安定や高齢者障がい者、母子家庭などの就職困難者も解決すべき労働政策のようです。

 

 

 

ビジネスの起業において優秀な人材を確保することは大変ですが、社会的な責任としても雇用問題をビジネス課題としてその改善に努力すべきかと思います。

 

 

 

ただビジネスを起業したばかりでビジネス基盤の脆弱な創業期においては国や自治体の奨励金や助成金を活用して制度整備や雇用確保を行なっていったらいかがでしょうか

 

新規のビジネス構築には育児女性の活用やパートタイマーの活用が大切なこととなります。

 

 

 

正社員だけでビジネスの要員計画を立てるより、多様な働く形態をビジネスに取り組むことは起業ビジネスの活性化にもつながることとなります。

 

 

 

子育てや家事などで必要な時間を制度上で確保しながらその人材の能力を時間単位に最大限引き出すような仕組みを作ることはビジネス起業なら可能です

 

そのためのビジネスへの援助として「均衡待遇・正社員化推進奨励金」があります。

 

 

 

パート社員や有期雇用者の共通の評価賃金制度を導入することにより、中小企業では60万円が支給されます。

 

 

 

また共通の教育制度をその実施で40万円、短時間正社員制度の導入で40万円など均衡待遇制度導入と運用で手厚い政策が施されています。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る