なぜトライアル雇用でビジネス起業をスタートすべきなのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

なぜトライアル雇用でビジネス起業をスタートすべきなのか?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (64)

ビジネス起業をする時、ビジネス開業資金と当時に新しいビジネスを手伝ってもらえる創業時の仲間が不可欠です

 

もちろん起業ビジネスの趣旨に賛同してくれる同僚などをスカウトすることもありますが、優秀な人材を広く集めるための仕組みも利用し、助成金受給を受けたらいかがでしょうか。

 

 

 

まず起業ビジネスにどのような人材が必要なのか、営業・経理・経営・企画など慎重にビジネスの要員計画を立案することが大切です。

 

 

 

このビジネスにとっての一番大きな投資は人件費であることをお忘れなく

 

しかし、人材を見極めることは大変難しく、一旦社員で採用した場合なかなか間違った採用だからといって契約の解除や解雇をすることは大変難しいことになっています。

 

 

 

そんな新しいビジネスを興す場合の人材採用に「トライアル雇用」と言う制度を検討してみたらいかがでしょうか?

 

 

 

 

雇用する場合、まずハローワークやそれに準ずる機関を通じての募集が条件となります

 

紹介トライアル雇用であることを明示し、最大三ヶ月間、最大12万円の助成金が支給されます。

 

 

 

3ヶ月後に「採用する」、「しない」にかかわらず支給されます。

 

 

 

この三ヶ月の間で、このビジネスに本当に必要な人材かどうかを見極めることができます。

 

 

 

もちろんビジネス起業のために必要な「就業規則」や「雇用契約書」などの制度整備があることが前提となります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る