起業ビジネスのローコスト経営は高齢者の活用がポイント

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

起業ビジネスのローコスト経営は高齢者の活用がポイント

読了までの目安時間:約 2分

起業の仕方!完全マニュアル (56)

起業したばかりの会社では営業に事務に人材が必要となってきます

 

ビジネスの基本は優秀な営業マンが不可欠です。

 

ところが優秀なビジネスマンはそんなに失業しているわけがありません。

 

ところがいるのです。定年退職後の60歳以上の高齢者を狙うのです。

 

彼らは豊富なビジネス体験を持っています。

 

また人脈というビジネスの宝も持っています。

 

そして彼らは賃金を多く求めるというより、働きがいや生きがいを求めて、ビジネスの世界へ復帰したい希望を強く持っています。

 

年金も満額支給ではありませんが、ある程度支給されていますから賃金より時間を大事にしています

 

もう週5日勤務や残業、休日出勤のような過酷なビジネスの世界は望んではいません。

 

週4日勤務や10時出勤などでゆっくりしたビジネス環境を望んでいます。

 

もちろん労働時間が減るのですから賃金が下がるのは納得できます。

 

そうしたビジネスのノウハウ・ビジネスの資産を活用しない手はありません

 

60歳以上で離職し、そのまま別の会社に就職できた場合、賃金が75%以下に下がった場合、高齢者雇用継続金が支給されます。

 

そうした公的援助も計算しながら第二のビジネスマン人生を設計してあげながらローコストで優秀な人材を確保することが起業ビジネスには必要なことではないでしょうか。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る