ビジネス起業後の人材募集はどれを選べばよいのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ビジネス起業後の人材募集はどれを選べばよいのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (55)

ビズネスが順調にスタートしたとしてもビジネスの拡大やビジネスの継続には優秀な人材の採用が欠かせません

 

ところがビジネスを起業したばかりの会社が募集をかけてもほとんど応募がないのが起業ビジネスの現実です。

 

 

 

同業からの引き抜きや縁故での採用もなかなかうまく行かないのです。

 

 

 

まず応募してくれて、当社のビジネスの将来性やビズネスの可能性を求職者に説明させてもらえる機会がないのが致命的です。

 

 

 

ハローワークでの求人では伝えきれませんし求人誌への掲載も結構の料金がかかります

 

募集をして就職が決まったら手数料を支払うと言う成功報酬型の人材紹介会社もあります。

 

 

 

年収の30%を手数料として払うという方法です。

 

 

 

200万円の年収としても60万円以上の募集費がかかることになります。

 

 

 

それでも面接に来てくれる方はいないでしょう。

 

 

 

人材教育の会社が教育と人材紹介を合わせたビジネスを展開しています

 

まずその会社はインターネットで就職できていない若者(就職試験に落ち続ける方、第二新卒など)を募集します。

 

 

 

そもそも教育事業をビジネスとしている会社ですから2週間の徹底したビジネスマンとしての営業研修を行います。

 

 

 

挨拶の仕方、名刺の出し方、飛び込み営業の実習、テレアポイントの実習などビジネス営業マンとして必要な教育を実施し、中小企業に紹介をしていく方式です。

 

 

 

一回に20名ほどの求職者と20社ほどの中小企業との循環集団面接を行います

 

必ず20人と面接が出来るわけです。

 

 

 

その後マッチングした会社と求職者が次の段階の面接に進むわけです。

 

 

 

成功報酬制で一人90万円です。

 

 

 

募集費として高いか安いのかはわかりませんが、中小企業には人が集まらない現実があります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る