スポーツインストラクターとして起業するためにできること

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

スポーツインストラクターとして起業するためにできること

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (279)

スポーツインストラクターとして起業して活躍するためにはどうすればいいのでしょう

スポーツインストラクターの需要は近年の健康志向の流れからニーズの高まりも十分期待できますよね。

 

 

 

スポーツインストラクターとしての活躍の場はスポーツクラブやスイミングスクールやフィットネスといったものがあり、起業をしてフリーとして活躍されている方もいるそうです。

 

 

 

スポーツインストラクターとして起業を成功させるためには何が必要なのか、どういった方法があるのかについて考えてみましょう。

 

 

 

スポーツインストラクターとして起業するケースとしてスポーツクラブの立ち上げが最初に思いつくでしょう

ただし、起業のために必要となる資金も高くなってしまいます。

 

 

 

施設立ち上げを含めて起業について考えていくと2000万円近くの起業資金が必要になりますからね。

 

 

 

スポーツインストラクターとして活躍することを第一に考えるのであれば、フリーとして依頼を受ける形での起業について考えてみましょう。

 

 

 

スポーツクラブの講師としてフリーのスポーツインストラクターを雇うケースがあります。

 

 

 

そうした際には仕事を獲得するために起業前からインストラクター資格を取得しておくと有利です。

 

 

 

例えば、レッスン中に生徒が怪我をしてしまうなど不測の自体もありうるため、体を動かすだけではなくスポーツインストラクターとして生徒を守る知識も重要ですからね。

 

 

 

エクササイズ関連の団体など資格の種類は多岐に渡るので自分の思い描く起業後の姿を参考に資格取得を進めていくといいでしょう。

 

 

 

スポーツインストラクターとしてフリーで起業するのであれば起業資金はとても少なくなります

備品などを揃えたり、レッスンの質を高めるためのワークショップなどへの参加を踏まえても50万円程度で起業できるでしょう。

 

 

 

問題は起業をしてから仕事を安定して獲得していくことですので、スポーツインストラクター起業前から地域のスポーツクラブなどとの話を進めておくといいですね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る