ビジネス起業した場合の社員募集と助成金はどうなる?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ビジネス起業した場合の社員募集と助成金はどうなる?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (50)

起業独立を果たし、ビジネスがスタートしたとしてもビジネス資金調達と社員の採用に悩むのではないでしょうか?

 

どんなユニークなビジネスアイデァでも間違いないビジネスプランでもお金と人がいなければビジネスを継続していくことができません。

 

 

 

人を採用する時に活用したいのが中小企業の採用に関する雇用助成金です。

 

 

 

ここでの中小企業とは主にビジネスの規模のことです。

 

 

 

資本金3億円以下または従業員300人以下ですからほとんどの企業が中小企業となります。

 

 

 

しかし小売業は資本金5,000万円以下または従業員50人以下

 

サービス業はそれぞれ5,000万円以下100人以下、卸売業は一億円以下100人以下となっています。

 

 

 

もちろんビジネスを立ち上げたばかりですから中小企業なのは当たり前でしょう。

 

 

 

ビジネスの共同出資者以外に新たな労働者を雇用するとき、就職困難者や試行採用などで多くの雇用助成金があるのです。

 

 

 

そのためにはまず採用がハローワークを通じて雇用しなければなりません。

 

 

 

ビジネスの付き合いのあった同業者の仲間を縁故で採用した場合は支給されません

 

また6ヶ月間の間、会社都合での退職者を出していないことも大きな要件になりますがまだビズネスが始まったばかりですからこれもクリアしていますね。

 

 

 

雇用に関する諸規定や書類が整備されていないと支給されません。

 

 

 

賃金台帳・出勤簿(タイムカード)・労働者名簿・就業規則などビジネスを起業したら当たり前の制度整備をしなければなりません。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る