起業するために重要なビジネス資金調達の選択肢

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

起業するために重要なビジネス資金調達の選択肢

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (49)

いまから起業してビジネスを立ち上げようとする人の多くはビジネスマンとして雇用保険に入っている方が多いですね

 

雇用保健の受給資格者が自らビジネスを起業し、ビジネス起業後一年以内に他の従業員を雇用して雇用保険の適用事業の事業主になった場合にその起業ビジネスに要した費用の一部を助成するのが受給資格者創業支援助成金です。

 

 

 

ビジネスマンが起業しようとした場合、どんな素晴らしいビジネスプランやビジネスモデルを作ったり、考えついたりしても先立つものはビジネス資金です。

 

 

 

あなたがビジネスマンとして5年以上雇用保険に入っていることが条件となります

 

さらに失業して雇用保険の受給資格がなくなってしまってはダメです。

 

 

ビジネス会社を設立する前日において失業手当の支給残日数が一日以上残っていなければならないのです。

 

 

 

もちろん本人がそのビジネス会社に出資し、かつ代表者であることも大切な要件です。

 

 

 

さて受給額ですがそのビジネスを起業して3ヶ月以内に支払った経費の3分の1、支給限度上限は150万円となります

 

またビジネスを起業してから一年以内に2人以上の雇用保険適用者を採用した場合は、50万円が上乗せ支給となります。

 

 

 

合計で200万円支給されるとなると500万円の起業経費がかかったとすると200万円が助成されることになります。

 

 

 

起業ビジネスの資金調達として活用すべきだと思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る