カメラマンとしてフリーで起業したいという方へ

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

カメラマンとしてフリーで起業したいという方へ

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (272)

カメラマンはフリーランスとして起業できる数少ない業種です

フリーランスとしてカメラマンの起業を成功させる道のりとしては、報道カメラマンや商業カメラマンがよく知られていますね。

 

 

 

フリーでカメラマン起業をした場合は例えば、依頼主から撮影の仕事を受注し写真を納品するといったものがあります。

 

 

 

出版社や編集会社では素材として利用できる写真をカメラマンに発注するケースがあり、イベント会場や商品撮影などの仕事がカメラマンに舞い込みます。

 

 

 

カメラマンとして働くためには最低限の知識を身につけておくべきです

起業のために資格試験などが必要とされることは少ないものの、写真専門の学校などで基本的な知識を学ぶ方もいます。

 

 

 

カメラマンの世界は起業を考える前から趣味として知識を身につけているという方は自身で学んだ写真テクニックだけで起業に踏み切っても問題のない世界です。

 

 

 

カメラマンとして起業をして成功されている方の多くは演出法など自身で編み出した手法を持つ方が大勢いますよね。

 

 

 

カメラマンとして起業する前に、安全にビジネスを進めていくためにも著作権に関する法律のことは学んでおくべきです

例えば、自分の撮った写真がどういった契約で依頼主に渡されているのかということなどを十分に把握していなければトラブルの元になります。

 

 

また、違法な方法で撮影をした場合にはカメラマンとして起業したあなたに罰則が課されることもあるので、自分の身を守るためにも法律で定められたルールは正しく知っておくべきですね。

 

 

 

フリーランスとして起業される方の多くは100万円ほどの起業資金からスタートするそうです

カメラ一式を揃えるために30万円ほど、現像するために50万円ほどかかります。

 

 

 

他にも仕事に出向くための経費もかかりますので、運転資金として余力も必要です。

 

 

 

カメラマンとして起業するためには仕事が得るための人脈も必要ですので、どんな仕事が得られるのかフリーとして起業する前から収支計画を立ててみましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る