トラック運送を起業ために知っておきたい法的ルール

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

トラック運送を起業ために知っておきたい法的ルール

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (266)

トラック運送では起業するための申請や、事業内容の分類など知っておきたい法的なルールがいくつかあります

トラック運送事業を始めるために何を知っておくべきなのか、起業についてのアイデアを探している方向けに情報をまとめます。

 

 

 

トラック運送は単純なようで複雑になっているので起業の際に知らないと困ることがたくさんありますよ。

 

 

 

一般的なトラック運送の多くは一般貨物運送事業に該当します

これはトラック一台に積載する荷物の全てが特定の事業者のものであるという特徴があります。

 

 

 

大型トラック運送であれば一般貨物運送事業の形態で起業することになるでしょう。

 

 

 

以前は免許制ということで起業する参加障壁が高かったのですが、許可制になったために起業しやすくなりました。

 

 

 

そのため、以前よりも事業者数も多くなっています。

 

 

 

特別積合せ貨物自動車運送事業は一般貨物運送事業とは違い複数の事業者からの依頼を一台のトラックに混合している点が特徴です

出発地点と目的地が直接繋がらないので輸送経路が複雑になります。

 

 

 

トラック運送として起業するのであればいくつかの路線を作り、その区間を運送していくといった業務になります。

 

 

 

かなり大規模になりますので1からの起業では難しいですね。宅配便などを行う大手トラック運送企業が主に担っている事業です。

小規模なトラック運送を起業したい時には特定貨物自動車運送事業として始めることになります

これは他の分類と違い、軽トラックなどで気軽に起業できる点が特徴的ですね。

 

 

 

ある地域に根ざした営業をするのであれば、軽トラック1台で起業をするといったこともできます。

 

 

 

低資金で起業できるので個人でも始めやすく新規参入がしやすいので競争率も高めです。

 

 

 

トラック運送の起業では規模によって必要資金の幅が広いのですが、小規模であれば300万円程度からも起業ができるようになっています。

 

 

 

事業によって必要となる許可も違いますので、所轄の陸運支局で確認をして具体的な計画を立てていきましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る