トランクルームの起業ではどんな仕事をするのか

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

トランクルームの起業ではどんな仕事をするのか

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (259)

トランクルームの起業で世の中の様々なニーズに対応してみましょう

トランクルームを起業する際に必要となる許可があります。

 

 

 

トランクルーム起業といっても法的には倉庫業に当たりますので営業には国交省大臣からの許可が必要になります。

 

 

 

土地に関する情報やトランクルームの図面が必要ですので登録手続きのための情報収集から起業を進めていくことになるでしょう。

 

 

 

なお、許可を得るためには倉庫業が営める土地が必要です。

 

 

 

トランクルームの起業では荷物を預かる保管業務が主な仕事となります

日本のような狭い住環境だからこそトランクルームのようなサービスが必要とされるのかもしれません。

 

 

 

実際に一般家庭からの依頼というケースも珍しくなく、幅広く知ってもらうことで需要を引き出せるサービスでもあります。

 

 

 

これから起業するのであれば家庭向けサービスとして展開するのか、企業向けとして展開するのか考えてみることから始めていきましょう。

 

 

 

住宅街の近くでトランクルームを起業することで衣類の保管や家財道具の保管場所としての利用が期待できます

オフィス街に近いところでの起業であれば書類保管庫としての利用がありますね。

 

 

 

広告などでの告知のさいにどんな用途として便利なのかといったことを伝えていけるとよさそうですね。

 

 

 

高級品向けのセキュリティ対策トランクルームといったものも地域によっては需要が高いそうですよ。

 

 

 

工事費で初期投資額が大きくなっています

土地にもよりますが1500万円程度から起業資金を確保していくことを目標にしておくといいでしょう。

 

 

 

長期的に契約してもらい、十分に顧客が確保できてくればトランクルームの起業は成功といていいかと思います。

 

 

 

スペースを活かしたビジネスとして向いた起業ということでトランクルームのニーズに対応していければ最高ですよね。

 

 

 

用途に応じて特化させていくことでより便利なトランクルームの起業を進めていきましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る