美容院を起業するためにはどれぐらいのお金が必要なの?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

美容院を起業するためにはどれぐらいのお金が必要なの?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (254)

美容院ではどれぐらいの起業のための資金が必要になるのでしょう

美容院の起業ではお店の内装などで結構お金がかかってしまうものです。

 

 

 

おしゃれな雰囲気も魅力を高めるために欠かせませんし、起業を成功させるためにもここの出費が仕方のない部分だと思います。

 

 

空調や照明機材など揃えていくと1000万円程度はかかってしまうでしょうね。

 

 

 

全部で5席程度の一般的な美容院を立ちあげてそれだけかかりますので内装のための起業資金の金額は覚悟しておくべき点です。

 

 

 

物件自体は賃貸にするといった方法であれば起業資金は大幅に抑えられます

ですので、すでにある建築物や物件に合わせながら目指すべき美容院のコンセプトに合わせた内装デザインを進めていくことになりますね。

 

 

 

起業してからしばらく運転できるように1年分程度の賃貸料は準備しておきたいところです。

 

 

 

最低でも半年分の賃貸料は確保しておきましょう。

 

 

 

起業してから初期の厳しい経営を乗り越えるためには重要なことです。

 

 

 

美容院を起業をする時にはどのような方法で集客をするのかも考えておくべきです

起業をしてもみんなに知ってもらわなければ美容院にお客さんは来てくれませんからね。

 

 

 

美容院がどのような立地かによって適切な方法も違ってきますが広告費が必要になることは確かです。

 

 

 

住宅街であればチラシ投函などで幅広く知ってもらう方法はいくつもありますよ。

 

 

 

ちなみにですが、美容院を起業するのであれば美容師資格が必要になります

経営者自身が資格持ちである必要はなく、従業員に美容院資格を持っている人がいれば十分です。

 

 

 

店舗の設備についても条例等で定められていますので注意しておくといいでしょう。

 

 

 

有資格者などを揃え、基準もクリアした上で保健所への届出を済ませると無事起業のための手続きは完了です。

 

 

 

あとはお客さんを満足させるスキルを身につけるほか、技術者の確保に努めていくことで美容院の起業を安定させていきましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る