クリーニング店の意外な起業法

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

クリーニング店の意外な起業法

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (249)

クリーニング店の起業では何が必要だと思いますか?

クリーニング店を起業するためには大型の洗濯機や高性能な洗剤など、クリーニングのための道具が必要になると思いますよね。

 

 

 

実はクリーニング店の起業には取次を行う、取次店としての起業をする方法もあります。

 

 

 

取次をするだけですので、クリーニング店には洗濯をする設備等は不要です。

 

 

 

設備が省略できる分だけ起業資金の少なくすむメリットがあるほか、賃貸料などの負担も軽減できます。

 

 

 

クリーニング店として起業するのであれば、取次店としての起業も候補に入れて考えていきましょう。

 

 

 

もちろん、洗濯を自前で行うクリーニング店として起業していくことも可能です

ただし、その場合には起業のためにクリーニング師の資格が必要になることを忘れてはいけません。

 

 

クリーニング師は国家資格としてあるもので、自前で洗濯をするクリーニング店を起業する場合には有資格者が必要になります。

 

 

取次店を起業するのであれば不要です

 

 

 

取次店などの形態がある関係上、クリーニング店はフランチャイズとしての起業が少なくないビジネスです

サービスの差別化もそこまでハッキリできる分野ではありませんので、地域の競合店などを踏まえて新規起業参入を考えていくといいでしょう。

 

 

 

住宅街などの顧客が見込める地域に近い立地であれば、新規起業でも有利に経営を進めていくことができます。

 

 

 

ただし、あまりよい立地がない場合には取次店での起業は厳しいものになりますね

採算が取れなくなればすぐに行き詰まるようなビジネスですので、地域に密着するような取り組みで地盤を固めていくことが必要です。

 

 

クリーニング店を起業するのであれば、地域との繋がりを構築できるような環境があるかどうかを調べておくべきかもしれません。

 

 

 

フランチャイズへの加盟でも同様です。

 

 

 

クリーニング店の起業で得られる利益としては、取次店の場合売上の20~30%程度になります。

 

 

 

どれだけ地域の需要を自分のお店に集約できるかが、クリーニング店の起業から軌道に乗せるまでのみちしるべとなっていきますね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る