競合激化の食材宅配ビジネスにチャンスはあるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

競合激化の食材宅配ビジネスにチャンスはあるのか?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (41)

少子高齢化の進展や女性の社会進出の増加などから食材宅配ビジネスが進展しています

 

昔から出前や御用聞きなどでの食材の宅配ビジネスはあったものの、宅急便ビジネスなどの宅配システムが進歩したり、インターネットの普及で注文が電子化できたことなども進展している理由なのかもしれません。

 

 

 

食材宅配ビジネスの老舗と言えば「生協」ビジネスですが

 

地域に密着しながら公益と安全な食材を前面に打ち出し、カタログと班グループ形式での宅配などで主婦を組織化して、出資者がビジネスに参加するモデルで拡大して行ったビジネスでした。

 

 

 

その後「タイヘイ」や「ヨシケイ」などメニュー食材を中心として宅配する新しいビジネスモデルが進出してきました。

 

 

 

メニュー毎に食材を半調理品で提供するビジネスはあまりなかったようでした。

 

 

 

現在ほとんどの大手スーパーはネットスーパービジネス展開を実施しています

 

カタログは使用せず、インターネットでのカタログで翌日に食品を宅配することで、ほとんどの食品が宅配されることになりました。

 

 

 

食品の宅配ビジネスは百貨店も参入しているようですが、ほとんどビジネス事業として成立していないのではないでしょうか。

 

 

 

システムの投資や配送網の構築、食材の調達など小さなビジネスでは成立しませんし、経費コストも膨大になることから大変難易度の高い起業ビジネスとなっています。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る