マッサージ業の起業には違いがあることを知ってましたか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

マッサージ業の起業には違いがあることを知ってましたか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (244)

マッサージ業の起業といっても、どれも同じではありません

マッサージ業を起業する場合、どのような目的でマッサージを行うのかによって必要なものが違います。

 

 

 

例えば、治療目的のマッサージがありますよね。

 

 

 

そうした場合にはあんま師や接骨師など医療行為をするために必要な免許を取らなければなりません

 

 

 

マッサージ業を起業する場合に医療行為をするのであれば免許が必要です

 

 

 

ただし、免許が不要なマッサージもあります。

 

 

 

足つぼマッサージなどの簡易なものが免許不要で起業できるマッサージ業に該当します。

 

 

 

免許の有無でできることが違いますので、今の自分にできることを明確にした上でマッサージ業の起業を考えていくことをオススメします

ちなみに、免許がなければ起業で不利になるかというとそうでもありません

 

 

 

本格的な治療をする必要がないのでより簡易に運営ができ、それを料金にも反映できるからです。

 

 

 

財布にも優しいマッサージ業としてビジネス街で起業をしている低価格のマッサージ施設も増えていますよね。

 

 

 

ニッチなニーズを狙うことでビジネスとして成り立たせることは免許にそれほど関係ありません

 

 

 

マッサージ業の起業で重要なのはターゲットを明確にすることです

ビジネスマンやOLなどであればビジネス街での起業が効果的ですし、買い物客をターゲットに大型ショッピングモールで展開しているマッサージ業もありますね。

 

 

 

立地に適したターゲット設定により、起業してからの回転率を効率的にアップさせていくことが起業を成功させるコツです。

 

 

 

マッサージ業の起業では設備が簡易なものであれば300万円ほどから500万円で立ち上げができます

立地にもよりますので、営業ができそうなエリア内でマッサージ業の起業に効果的な場所を探してみるといいかもしれません。

 

 

 

本格的なマッサージから低料金を売りにしたマッサージまで幅広いニーズのあるビジネスですから、チャンスを見つけて拾っていくことが重要です。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~ま行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る