ペットシッターの起業ではニーズを考えていこう

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ペットシッターの起業ではニーズを考えていこう

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (243)

ニーズに適したペットシッターの起業が重要です

ペットシッターのニーズはどんなところで見受けられるか知っていますか?

 

 

 

ペットシッターは自宅を留守にする際の見守り役として依頼をされることの多いサービスです。

 

 

 

よく友人などにペットを預けるといった光景がありますよね。

 

 

 

ペットシッターの起業では友人に預けるような安心と信頼が求められてくるものです。

 

 

 

どのような形でお客さんとの間に信頼関係を構築していくのか、そこがペットシッターの起業を成功させるコツといってもいいでしょう。

 

 

 

ペットシッターを起業する場合には動物取扱業として事業者登録をすることが必要です

動物取扱業とは事業所ごとに責任者が必要となる事業のことで、動物取扱責任者になることにもいくつか要件があります。

 

 

 

誰でも責任者になれるわけではありませんので、ペットシッターの起業を考えている方は以下の要件のどれかに該当することを確認しておいてください。

 

 

 

動物取扱責任者になるためには責任者として的確かどうか経験や知識が必要になります

例えば、動物取扱業に関わる仕事に半年以上務めていた経験があること。

 

 

 

またはそのような知識を得られるスクールなどの教育機関で1年以上学び卒業していること。

 

 

 

動物取扱業に係る資格を習得していること。

 

 

 

これらのいずれかに該当していれば動物取扱責任者としてペットシッターを起業することができます。

 

 

 

または、そうした責任者になれる人材を見つけることがペットシッターの起業では必要です。

 

 

 

ペットシッターの起業ではどのように利益を得るのでしょうか

ペットシッターとして起業している業者の多くは、1時間辺りの料金を定めていますね。

 

 

 

目安としては1時間3000円ほどで、地域によって上下するものでもあります。

 

 

 

ペットシッターとして起業するのであれば、需要の多い地域として住宅街を中心に営業できる立地を探すといいでしょう。

 

 

 

事業エリアを絞り込み、地域に溶け込めるまで広報活動を続けていくことで利用者を増やさなければなりません。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る