葬祭業の起業を成功させるコツとは

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

葬祭業の起業を成功させるコツとは

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (241)

葬祭業の起業ではどうしたらお客さんが増えると思いますか?

葬祭業の起業の難しさは地元に密着したサービスであり、口コミのような形で利用者を増やさなければならないことにあります。

 

 

 

葬祭業サービスを利用するような時にはより身近な業者に依頼をする傾向があるそうです。

 

 

 

新しく葬祭業を起業するのであれば、地域に密着するような広報活動や宣伝をしていくことが効果的な結果が得られるでしょう。

 

 

また、これから葬祭業を起業するアイデアを練るのであればぜひ考えてほしいことがあります。

 

 

 

葬祭業を必要とする人の多い地域とそうでない地域があることは知っていましたか?

お葬式をする場合、自宅などから距離の近い葬祭業者の方が有利ですから、統計的な調査を元により有利な立地に斎場などを立ち上げるべきです。

 

 

 

営業可能なエリアの死亡数や高齢者の数などを調べておくといいでしょう。

 

 

 

起業をする前からどの程度利益が見込めるか推計しておくことで、葬祭業の立ち上げにかかる資金の使い方も定まってくると思います。

 

 

 

注意しておきたいことは葬祭業を広告する際には幅広く人々の目に触れるようなものが効果的ということです

よく葬祭業が採用している広告媒体としては電話帳や町内行事への参加によるアピール活動がありますね。

 

 

 

葬祭業を起業してからは地域の人に知ってもらうことから地道に広報活動を進めていくといいでしょう。

 

 

 

葬祭業を起業する場合には特別な手続きはほとんど必要ありません

ただし、霊柩車など貨物自動車運送事業法に基づく義務もありますので確認しておきましょう。

 

 

 

斎場の建設費などで葬祭業の起業資金は数億円を超えるケースがあります。

 

 

 

人件費等は少人数で運営できるので安いですね。

 

 

 

ただし、内装など装飾品にお金がかかりますので簡単に起業できるビジネスではありませんね

 

 

 

葬祭業の起業に有利な土地を持っている方や、豊富な資金源を持つ方の起業ビジネスとして考えておくべきなのかもしれません。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る