少子化は学習塾の起業にどんな影響を与えているのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

少子化は学習塾の起業にどんな影響を与えているのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (237)

少子化のおかげで学習塾の起業は厳しい状況に置かれています

現代になってくると受験に対する子供への投資も増えてきました。

 

 

 

しかし、学習塾の起業がそれだけ平坦な道になったかというとそうではないようですね。

 

 

 

少子化による影響のために、学習塾の起業では生徒の取り合いが激しく続いています。

 

 

 

学習塾としての評価を高めるためには進学塾として、生徒に進学校への合格をしてもらうことが重要なのですが、それも小規模な学習塾では不利な立場になることは必至ですからね。

 

 

 

どうすれば、これから起業する学習塾が生き残ることができるのか、それを見つけることは難しいことと考えておくべきです。

 

 

 

学習塾を起業する場合には資格等は必要ありませんので起業をすること自体はとても容易です

学習塾を小規模なものにすれば教室も小さくて問題ありませんが、問題は講師の質の確保ですね。

 

 

 

小規模では少人数になってしまいどうしても各分野で深く指導するのが難しくなってくるからです。

 

 

 

また、人材もアルバイトのような安く雇える従業員となると、学習塾としての質をキープするのが難しくなるでしょう。

 

 

 

学習塾の起業で一つの目安になるものがあります

それはある学習塾に対して5km程度が集客できる圏内となることです。

 

 

 

つまり、ある程度距離が離れていれば学習塾を起業するチャンスはあるということですね。

 

 

 

郊外での学習塾の起業の際には、他の学習塾との距離を重視して立地を選ぶといいかと思います。

 

 

 

郊外での起業であれば50万円程度でも十分なスペースのある学習塾の起業が可能になるでしょう。

 

 

 

学習塾の起業を軌道に乗せられるかどうかは、親のコミュニティ内での人気の高さも関係しています

どうのように評価を高めていくのか、親と子供からの信頼を築けるような学習塾の仕組みを考えていくことで、厳しい現状を打開できるような学習塾の起業もできるかもしれませんね。

 

 

 

人気さえ得られれば集客効率が高まりますので利益の出しやすいビジネスと言えます。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る