語学学校の起業は個人では難しい?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

語学学校の起業は個人では難しい?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (236)

個人で語学学校の起業を考えている方へ

個人で語学学校を起業する場合には大きな難関があるようですよ。

 

 

 

語学学校を起業する場合、学校法人として都道府県からの認可が必要になるのですが、個人で起業する場合には認可が降りないためです。

 

 

 

個人でやるような小規模な語学学校を考えているのであれば、学校法人の税制面のメリットを捨てて起業しなければなりません。

 

 

 

語学学校としてメジャーなのは英会話教室としての起業です

小学生からビジネス向けまで幅広い年齢層にニーズのある言語といえば英語ですからね。

 

 

 

しかし、近年では中国語やフランス語、韓国語といった第三の言語にも注目が集まっています。

 

 

 

そうした需要が満たされていない地域もあるようですので、英語の語学学校が充実しているところでは別の語学学校として起業するのもいいかと思います。

 

 

 

どの言語を選んだ場合もそうですが、語学学校ではネイティブの講師を雇う必要があるので人材不足で困ることがよくあります

元々人数が少ない外国人講師からさらに優秀な人をと考えると厳しいところがありますね。

 

 

 

起業をするのであれば、ある程度の期間安定して雇えるような人材を見つけておくことが先決です。

 

 

 

外国人講師がいなくても語学学校の起業に問題はありませんが、やはり目玉としてネイティブスピーカーは欲しいですからね。

 

 

 

語学学校を起業する場合には、顧客ターゲットに応じて起業する立地などを選ぶとよいようです

例えば、住宅街の近郊に語学学校を起業する場合には学生さんをターゲットにしているところが多いですよね。

 

 

 

生徒がビジネス関係の人であるなら繁華街やビジネス街に近いほうが集客率が高くなります。

 

 

 

立地によって賃貸料も大きく違うので起業資金にも差が出ますが、おおよそ100万円以下での起業になるかと思います。

 

 

 

起業してからすぐに生徒が集まるわけではありませんので、販促のための出費が起業の際には多めに必要になります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る