減り続ける民宿の起業にチャンスはあるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

減り続ける民宿の起業にチャンスはあるのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (224)

これからの民宿の起業について考えてみましょう

民宿の数は現在のところ減少傾向が続いています。

 

 

 

ただし、民宿の魅力として和のイメージの感じられる宿泊施設としての意味合いがありますので、起業の仕方次第でチャンスは見いだせるかもしれません。

 

 

 

元々、民宿はスキーや海水浴場などのレジャー客の受け入れ口として増加していった側面がありました。

 

 

 

高いサービスを求められるというよりも、低価格で泊まれるホテルといった利用が多かったようですね。

 

 

 

現在ではホテルの低価格化などで民宿の起業は厳しい現状にあります

単なる低価格では民宿に行くべき理由があまりないからです。

 

 

 

ですので、民宿を起業する際にはその民宿だからこそ体験できるようなサービスを準備するといいでしょう。

 

 

 

民宿では一般的なホテルでは味わえない民家に泊まり込んだような体験がありますから、そうした期待に応えられるような民宿を起業することになります。

 

 

 

民宿の起業が成功するパターンとしては、一定数の固定客が確保できているといった状況があります

固定客が60%を超えると安定した経営ができるとも言われていますので、これからの起業ではリターン客を増やすような工夫をしていくべきですね。

 

 

 

近隣にアウトドア施設があるような立地ではシーズン中にかなりの数のお客さんが見込めますので、安定した売上が確保できてくればビジネスとして順調に進んでいけるようになります。

 

 

 

すでにある民家を改修して民宿を起業する場合2000万円以上の起業資金が必要になるかと思います

レジャー関連に近い立地に民家を所有しているような状態で、新たなビジネスを考えているのであればもっと低資金で起業できますのでアイデアとして民宿を考えておくことはいいことかと思います。

 

 

 

ただし、客の入り数次第の商売になりますのでどれだけのお客さんが見込めるのか、特に初動に関しては厳しく収支計画を立てるべきでしょう。

 

 

 

民宿の起業にチャンスを見いだせれば起業の道筋が見えてきます。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~ま行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る