なぜ外食産業のフランチャイズビジネスが増えているのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

なぜ外食産業のフランチャイズビジネスが増えているのか?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (35)

外食産業のフランチャイズビジネスで居酒屋ビジネスを試算してみましたが

 

法人向けのフランチャイズビジネスであったこと、開業資金が3千万円以上あることで、法人としてのメリットは大きいものの個人ビジネスでは参入できないビジネスであることがわかりました。

 

 

 

個人で出来る外食のフランチャイズビジネスはないかと探してみました。

 

 

 

よく郊外でのスーパーやショッピングに出店している「焼鳥屋」の移動販売ビジネスについて調査して見ました。

 

 

 

「やきとりとっと庵」と言うフランチャイズビジネスを見つけました

 

資金的に余裕のない個人でも車両と設備維持だけで始められそうです。

 

 

 

このフランチャイズの開業資金は195万円からとなっています。

 

 

 

この額なら参入は容易いでしょうが、肝心のロイヤリティや利益率はどうなっているのでしょうか?

 

 

 

ロイヤリティはフランチャイズビジネスにもかかわらず、無料となっています。

 

 

 

それならどうやってフランチャイジーは利益をえるのでしょうか?

 

食材はフランチャイジーから仕入れることになります。

 

 

 

串打ち作業などは指定の向上で済ませてあり、直接向上から製品状態で納品されるようです。

 

 

 

焼き鳥はあと焼くだけですから未経験のビジネス参入者には入りやすいビジネスかも知れません。

 

 

 

見込みの収益としては、来店客が一日100人5本お買い上げとすると一日売上が68千円となります。

 

 

 

原価は55%、ここでフランチャイジーの利益が発生するようです。

 

 

 

一ヶ月の純利益は75万円の試算となっています。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る