あなたの起業したい不動産業タイプは何ですか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

あなたの起業したい不動産業タイプは何ですか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (217)

起業する不動産業には複数タイプあるのは知ってましたか?

不動産業はいくつかの業態があり、タイプによっては免許が必要になるなど手続きの必要なものもあります。

 

 

 

まずはあなたが起業したいと思っている不動産業のタイプを見つけてみましょう。

 

 

 

タイプ毎にどんなビジネスになるのかといったポイントも含めて、起業アイデアを膨らませる題材にもなると思います。

 

 

 

あなたの不動産業の起業アイデアを考える知識として、起業しようと考えているタイプを見つけてみてください。

 

 

 

不動産業で取引を行う場合、自分で取引を行う場合と代行して行う場合で違いがあります

不動産業の取引には売買や交換、賃貸がありますがどれも代行している不動産業者がいますよね。

 

 

 

直接取引をするような不動産業の起業であれば特に問題ありませんが、代行をしたり媒介をするといった業態の場合には宅地建物取引業をするための免許が必要です。

 

 

 

不動産業の起業に必要になる許可は会社を立ち上げる都道府県の県庁にて届出を行うことが最初のステップです

ここで正式な許可が降りれば、都道府県や国交省大臣からの免許がもらえます。

 

 

 

起業する際には宅地建物取引主任者の選任も必要ですので、人材が揃った段階で実際に手続きを進めるといいと思います。

 

 

 

免許が貰えてもすぐに起業できるわけではなく、宅地建物取引業保証協会に加入するといった手続きも必要になります。

 

 

 

ちょっと手続きが多いのが不動産業の起業の特徴と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

自分で賃貸をするような不動産業の起業であれば手続きも不要なので気軽に起業できます

資金管理の方法の1つとして不動産業を立ち上げる形での資産運用と考えると、不動産業の起業はそれほど難しい話ではありません。

 

 

 

賃貸によって得られる利益を使って管理者を雇うといったこともできますね。

 

 

 

不動産を取り扱う関係で起業資金は高額なことが不動産業の大きな特徴ですが、時間が限られている状況では不動産業を選ぶこともよい選択になると思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る