バーテンダーの起業で持っておきたい資格について

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

バーテンダーの起業で持っておきたい資格について

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (210)

バーテンダーで起業を目指すなら資格を揃えておくといいと思いますよ

バーテンダーとして起業するために資格が必要ということはありません。

 

 

 

法律上の規制はないものの、飲食店で働く責任感を示すという意味でも資格を持っておくほうが自己アピールがしやすくなるからです。

 

 

 

バーテンダーで起業する場合には、お酒を楽しむためのバーという感じになると思いますので、お酒に関する知識があれば起業したお店の信頼性にもなります。

 

 

 

例えば、ソムリエの資格があります。

ワインに関する資格ですがバーテンダーとして起業する際にも役立つでしょう。

 

 

 

お酒の持つ特性を自分の味覚で確認するといった、バーテンダーに求められる資質とソムリエに求められる資質には多くの共通点がありますからね。

 

 

 

今の自分の実力を測るという意味でも資格取得に励むことはいいことだと思います。

 

 

 

起業後に資格を習得するのもアリですよ。

 

 

 

中には実務経験を求められる資格試験もあるからです。

 

 

 

バーテンダーとして起業する場合、バーのコンセプトを明確にしておくといいでしょう

どんなお酒を楽しめる場所にしたいのか、お酒の種類を絞った専門店もいいですし、幅広いお酒が楽しめるバーなんてものも需要がありますよね。

 

 

 

起業する時のコンセプトではバーテンダーとしてのあなたの得意分野を中心に考えてみることをおすすめします。

 

 

 

日本だけでなく海外でバーテンダーとしての経験を積むといった方もいますね。

 

 

 

起業後は世界各国のお酒を扱うことになりますので、人にはない経験を得ておくとバーテンダーとして魅力的な人になれるでしょう。

 

 

 

バーテンダーとして雇用契約やコンサルティング業務契約する道もあります

起業して自分がお店を持つことだけが起業の道ではないことを覚えておくと、リスクの低い起業もできるようになるでしょう。

 

 

 

雇ってもらう場合には人脈が営業に役立ちますので、バーテンダーの繋がりを大切にすると起業前からビジネスチャンスを広げられます。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る