暖簾分け独立支援でなぜ会社が最大化できるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

暖簾分け独立支援でなぜ会社が最大化できるのか?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (28)

将来は社長になりたいと入社してくる社員が少なくなったようです

 

それより自分で独立して事業を起こし独立した会社の社長になりたいと言う独立心旺盛の社員も少なくないようです。

 

 

 

どちらの可能性が高いかと言うと独立して事業をお越し社長になる独立型の方が確率は高そうです。

 

 

 

昔の商店では丁稚奉公で入り、手代、番頭となり、暖簾分けで独立するシステムがありました。

 

 

 

社員の独立を支援し自店のネットワークを広げていく方法としては有効ではなかったでしょうか

 

現在でもこの独立暖簾分けで有名なのがラーメンの大勝軒です。

 

 

 

創業者の山岸一雄さんは東京都東池袋にあった大勝軒を全国に多くの独立店舗として広げた方です。

 

 

 

大勝軒のメニューとしてつけ麺を考案したことでも知られています。

 

 

 

100人以上の弟子を育て暖簾分け独立でその地区の名をつけた??大勝軒としていったわけです。

 

 

 

その他暖簾分け独立した有名な企業も数多くあります。

 

 

 

時計のセイコーは服部セイコーやセイコーエプソンなどを暖簾分け独立させました

 

そのほかの上場企業でも新規に進出した分野に新会社として独立させる子会社方式を取って拡大しています。

 

 

 

日本の企業のほとんどがグループ政策として採用しているのが独立採算別会社です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る