社員のキャリアアップセミナーで何が変わる?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

社員のキャリアアップセミナーで何が変わる?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (25)

終身雇用が基本であった日本の企業では新規卒業採用がベースとなっています

 

そのためまず社会人としての基礎的な教育は新入社員セミナーで行う例が多くなっています。

 

 

 

つまり社内で人材育成セミナーを行いながら、社内のジョブローテーションとの組み合わせやジョブステージの段階に応じてキャリアアップセミナーも実施されてきました。

 

 

 

例えば入社一年目セミナーで「もう一度基礎を見直す」

 

4年目セミナーで「次の段階に進む能力開発」、

 

 

 

係長昇進時セミナーにおいては「初歩のマネジメント」についてを学び、

 

 

 

管理職セミナーでは「高度なマネジメント」、

 

 

 

中堅マネジメントセミナーでは「経営について」などの方法です。

 

 

 

従って大手の企業では人事部に専門的に社員教育を担当する部署が設けられています。

 

 

 

そこでは社全体の教育計画が立案され階層別、職種別、年代別、個人別などきめ細かな人材育成計画の実施がされているわけです

 

この人材への各種セミナーなどが終身雇用を支え日本の高度成長の基礎となっていったのです。

 

 

 

しかしながら社員の職業観の多様化や終身雇用の崩壊などからキャリアアップセミナーの効果があがらなくなったり、自己啓発セミナーなどで自分自身を高める自主性が求められてきています。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る