地方自治体主催のインターンシップで優れた人材は見つかるか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

地方自治体主催のインターンシップで優れた人材は見つかるか?

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (24)

インターンシップは、学生が一定期間企業の中で研修生として実務経験をして働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度のことです

 

自治体で独自に中小企業支援のためにこのインターンシップの雇用支援を実施していることがあります。

 

 

 

その地域の企業の支援をすることで税収アップが図れることでもありその地域に住んでいる若年層に安定した職業を提供して自治体の拡大安定につなげようとするものです。

 

 

 

またインターシップを取り入れることにより、企業と自治体とのつながりを深めたいとの目的もあるようです。

 

 

 

東京都江東区での「インターンシップ」はこんな取り組みを行なっています

 

江東区のインターンシップ制度は、江東区内の高校や大学・専門学校の生徒をインターンシップとして区内の企業に就業体験させます。

 

 

 

企業はインターンシップによる学生への賃金、通勤手当などは支払いませんが、企業にはインターンシップを導入し、インターンシップを実施したことにより、上限5万円の補助金が支給される制度です。

 

 

 

この「インターンシップ制度」は学生の職業観を養い就労意識を高めるとともに

 

企業の学生の採用でのミスマッチを防止し、地元の若年層を地元企業に就職させるためには有効な手段となります。

 

 

 

こんな形で起業ビジネスを立ち上げたばかりの企業でもこんなインターンシップを積極的に活用して地元とのつながりを深め人材確保につなげていくもとも必要ではないでしょうか。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る