自宅で起業することに憧れますか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

自宅で起業することに憧れますか?

読了までの目安時間:約 5分

起業の仕方!完全マニュアル (19)

 

私は現在、自宅で仕事を行っており3食昼寝とおやつ付きで仕事しています

 

しかし決して楽なわけではありません。

 

 

 

まず全ては自分の責任になるので、手抜きができないのです。

 

 

 

クレームでもこようものなら、通常業務の他に対応しなければいけなくなるので、睡眠時間を削りたくなければ、仕事を完璧にこなす必要があります。

 

 

 

間違いが許されない……という緊張感は、ある意味、刺激があって良いことですが、精神的な圧迫感はかなり大きいですね。

 

 

 

それから就業時間が長いこともネックです。

 

 

 

少ない作業量で大きく稼げる仕事であれば問題ないのですが、私の場合は他よりも安く仕事を請け負うことで、たくさんの注文を受けることに成功しているので、とにかく早朝から深夜まで作業に追われます。

 

 

 

テレビ番組を楽しむ暇もなく。趣味をする時間もなく運動する余裕もなくただ黙々と1日13時間パソコンに向かって作業しています

 

手当もボーナスもありませんし、収入は自分1人で稼ぐしかないので、作業しない日はとても不安になります。

 

 

 

どんなに頑張っても収入には波がありますし、いつ倒産してもおかしくないため、将来への不安も大きいです。

 

 

 

例えば1人で一生を過ごす場合、200~300万円の貯金なんて、1年分の生活費にしかなりません。

 

 

 

50~60歳以降のことを考えると、1000万程度の貯金でも不安ですね。

 

 

 

■自宅起業でのメリット

 

上記では不安要素が大きい点を書きましたが スケジュール調整が自由であるという点は、私にとってとても大きいです。

 

 

 

例えば大好きなゲームをやりたいからという理由で、1週間休みをとったことがあります(笑)。

 

 

 

その分、その月の収入は低くなったのですが、思いきりゲームができて大満足でした。

 

 

 

また、仕事に行き詰まり、突然現実逃避したくなって、3時間後には飛行機に乗って旅行へでかけたこともあります。

 

 

 

普段は無駄遣いしないように気を付けていますが、どうしても欲しい!と思ったものは、多少高額でも現金で即購入できるのも魅力のうちでしょうか。

 

 

 

50万、80万という金額がポンと出せるのですからメリットになると思いますね。

 

 

 

作業があるので早起きはしますが、通勤の必要もありませんし服を選ぶ必要もメイクもいらず、上司のご機嫌を伺うこともありません

 

そのため服飾費、コスメ代は、OL時代の5分の1で済んでいます。

 

 

 

ファンデーションなどの化粧品なんて1回買えば、1年持つくらいです。

 

 

 

服は必要なときに、必要な分を買う程度で充分。

 

 

 

あとは着回しでデートもOK。一人なら事務所なんて必要ないと思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る